■ボク、チョビ太


ランキングに登録してみました。
↓ポチ、してください。

■プロフィール

megchobikan

Author:megchobikan
名前:チョビ太
犬種:ミニチュア・ピンシャー
性別:男の子
誕生日:2006/4/3
体重:6,5キロ超デカピン

好きなこと:お布団に潜って
      お尻だけだして寝る事
      ベランダで日向ぼっこ
      ジャンプ
 
嫌いなこと:耳そうじ

甘やかして育ててしまい、きかん坊です。      

■カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■ワンのお友達リンク

R&B-DOGS
→チョビ太と母違いの親戚さん

日々むーちょ
→賑やか大好きフレブルくん

ミニピン´sと一緒
→デカピン・バディくんと珍しいイザベラタン・マシューくんの記録です

スニフ!スニフ!スニフ!
→ムーミンに出てくるスニフそっくりなスニフくんとminaさんの日常

ミニピン3兄弟の会議室
→3兄弟のそれぞれ違う個性を、おもしろおかしく紹介しています。「ぷっ」と思わず笑っちゃいます。

ココたんの日がな一日
→2008.5.7~ブログを開始。ヨークシャーテリアのココちゃんのブログです。

REDPIN3兄妹
→レッドミニピン3兄妹の日記。一番下の夢ちゃんはやっと1キロ越え!

パール ♡ PEARL ♡ パール
→トイプードルとミニピンのMIX・パールちゃん。お兄ちゃんの汗を舐めてきれいにしてあげるのが大好きなんです(という私の印象・・・チョビ太も好きだから一緒なのがちょっと嬉しい)

■ワン物リンク

お気に入りワングッズのリンクです

バナーの名称
ミニピンやイタグレなど胸厚の子にぴったりなお洋服のお店。 ひとつひとつ手作りです。   

■Relative Navigator 全犬種親戚探し

血統書を入力して親戚を探そう

バナーの名称

チョビ太はこれで母違い兄弟が見つかりました。

■見てくれてありがとう

総閲覧者数

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■Dog Shelter

バナーの名称

■ユーザータグ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■QRコード

携帯用はこれを読み取ってね

QRコード

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■gremz

■あし@

■読書メーター

これまでに私が読んだ本の記録

megの最近読んだ本

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やっぱり何より食べ物!?
毎夜行われている「デジカメ慣れておくれよ訓練」
なかなかやっぱり慣れてはくれません。

今回はキッチンでご飯を作っている時を
狙ってみました。

キッチンでご飯を作り始めると
足元におすわりをして、じーっと待ちます。

もちろん!
落下する食べ物をすばやく狙うためです。

こんだけ集中している時なら、
嫌いなカメラも気にならないだろうという作戦です。

構図を決めて、カメラを縦にして・・・・
パチリ




SANY0006.jpg

あ、バレた!


けれど、この後もチョビ太は
落下物の監視に集中…


男前

普通に撮れるじゃん♪


落下してくる食べ物捕獲のため・・・

真剣です。

鼻水すこし出てます。
熱い眼差しです。
こういう時だけ、いいコちゃんです。


スポンサーサイト
チョビ太 | 16:22:10 | Trackback(0) | Comments(2)
チョビ太、人生初の雪の日
昨日は、でしたねー。
突然だったような・・・。

この前散々予報していた時は、全然降らなかったのに。
朝起きて、外をみたらうっすら白かった。
ビックリ!!
SANY0011.jpg


ゆーきやこんこ♪
あーられやこんこ♪


雪が降るとなんとなく嬉しいのは、
なぜでしょう?

チョビ太にとっては、生まれて初めての白い物。

私がウキャウキャしながら、お散歩へ。


…チョビ太くんは全く外に出ようとしませんでした。

いーぬは喜び庭駆けまわり♪

こんな歌、うそだー!!


生まれて初めての雪をバックに、
せめてベランダからでも写真を撮ろうと
無理矢理抱っこしたのでした。
SANY0016 明

さむーい





チョビ太 | 23:17:37 | Trackback(0) | Comments(6)
早く慣れてー
まずお断りです
1/20の記事に人生初・動画を載せたんですが、
見事にうまく貼り付けられません。
毎日夜な夜な、悪戦苦闘しているのですが、
上手くいきません。

ちゃんとアップするまでもう少々お待ちください
すいません。




さて、最近のチョビ太と私の日課。

「新デジカメ慣れておくれ訓練」

どうも、カメラ的なものが苦手なチョビ太。
毎日写真を撮って、慣れさせようとしています。

私がカメラを持ち出すと、警戒心丸出し。
戦闘態勢に入ります。

SANY0001明

※写真赤いですね…
「ウオッ!?何?またその黒いの出てくるの?」

この態勢のあと、左右に反復横とびが始まります。

そして、しばらくすると少し落ち着いて、
少し遠くから…

SANY0002.jpg


「それ、ホントに嫌なんだけど…。」

チョビ太さん、写真は魂抜かれると絶対思っています。

魂抜かれないから、撮らせてよー。


チョビ太 | 13:45:37 | Trackback(0) | Comments(0)
形から入るタイプです
チョビ太のブログをやろうと思って、
「だったら写真とか載せるでしょう」

でも実は私、ちゃんとしたデジカメを
持っていなかったのです。

あ、持ってるんだけど、5年以上前に家族から貰った
デジカメです。

その当時は使いやすいと思ったのですが、
しばらく使わずに忘れていたら、
電池の減りがものすごく早いし、
チョビ太がすばしっこくてシャッター切った時には
チョビ太はいない…みたいな感じになるのです。

そこで、一念発起!
使い方合ってる?

こんなの買っちゃいました。
D1000719.jpg

SANYO Xacti HD1000です

グリップタイプで、動画も静止画も簡単に撮れます。
フルハイビジョンです。軽いです。
小さいです。ポッケにポイと入っちゃいます。

サンヨーは何となく、どうだろうと思っていたのですが、
詳しい知人に聞いたら真っ先に
これがおススメにあがったので、買いました。
サンヨーの技術はすごいらしいです。
何がかはわかりません。

買っちゃいましたー。

これから節約しなきゃ…

SANY0012.jpg


これからいっぱい撮られるのかー…
チョビ太は写真に撮られるのも嫌いです…

色々 | 15:16:21 | Trackback(0) | Comments(4)
病院と公園と。
今日はチョビ太の嫌いな病院
先週、ひどい下痢で病院に行って薬をもらって、
その後の経過を見せにいったのです。

下痢はすっかり治っていました。

実は、今日の最重要目的は爪切りです。
親指の爪が伸びてるのです。

チョビ太は爪切りが大嫌い。
というか、色んな事が大嫌いです。
病院でやられること全てが嫌いなのよね。チョビ太くん…。

病院に行くのはなんとんくわかるのか、
車では、仏頂面。

SANY0015.jpg


緊張してるの?

病院では、大暴れ。

最重要目的は済ませたので、ご褒美のつもりで、
公園へ

あまり得意ではない、ドッグランでは



音ちょっとあります。
画像が悪いです。。。

興味はあるんだけど、ちょっと怖い。
そんな感じで、威嚇気味なんです。

今日の子は比較的、一生懸命相手してくれたんですが、
普通はチョビ太の威嚇であっという間に、逃げちゃうんです。

どうやったら、犬苦手、直るの?チョビ太ー。


チョビ太 | 00:16:57 | Trackback(0) | Comments(0)
好きなこと
チョビ太の病気の話ばかり書いたので、
今回はチョビ太の好きなことをひとつ。

それは、
「たそがれる?こと」




ふと気づくとベランダの窓からこんな感じで、
おとなしーく外を見てます。

犬なのに、なんとなく猫背です。

だけど、ここから見えるものといえば・・・

洗濯したおぱんつとか、靴下とか・・・
確かにチョビ太の好きなものであるには違いないけど。

私の靴下もおぱんつも、チョビ太にダメージくらわされたけど。

でも、そっちには興味なさそう。




でも見るものなんてないのに、何してるの?

ベランダの手すりには、すりガラスがはまってるから、
チョビ太から外は見えないはずなのに・・・。

です。

たまーにカラスが電線に止まって、吠えまくっている時はあるけれど・・・

やっぱり、たそがれてるのかなー?
割と哀愁があります。


チョビ太 | 19:45:19 | Trackback(0) | Comments(3)
病気の話 続き
やたら長い文で終えた前回。
しかも途中ですいません。

これまでチョビ太の病気の事を、頭の中だけで記憶していたのですが、
ちゃんと記録しておこうと思い、自己満足で書いています。




さて続きです。

これまでのチョビ太は、ヘルニアや水頭症に似た症状はあるものの
確定的ではありませんでした。

ケージレストは解かれたものの、お散歩は無し、
ご飯とトイレの時だけ起きてくる。

あとは寝てばかりの状態です。

そんな時、病院の先生から電話があり、向かうことになりました。

2回目撮ったレントゲンを、学会に持って行ってくれて、
レントゲンを診るのが、うまい先生に診てもらったところ…
(2006年、年末ぐらいに撮った2回目のレントゲンでは、
ちょうど尻尾の付け根辺りに、細かい骨みたいなものが密集していたのです)


椎間板脊椎炎だとのこと。
こちらを参照してください→椎間板脊椎炎



椎間板脊椎炎という病気は
背骨や、椎間板が細菌に感染して起こる病気とのこと。


その日からこれまでの薬を止めて、抗生剤を飲み始めました。

そして、徐々にですがチョビ太は回復していったのです。

これまで、元気がなく本当に寝てばかりいたチョビ太が
お散歩でも、グイグイひっぱり、おうちの中を走り回るようになったんです。

大好きなジャンプも復活。

暴れん坊チョビ太が出来上りました

本当に今までの寝たきりが嘘のようです。

ただ、病気が原因なのかはわかりませんが、
尻尾はあまり振れません。
背骨も痛かった辺りは、ボコボコと出っ張っています。

でもそんなのは関係ないですけどね。

ちょっとしか動かないけど、一生懸命振ってくれる尻尾を見てれば、
嬉しいことがわかります。

D1000553.jpg

元気になった直後のチョビ太 -砧公園-

元気になってくれてありがとう、チョビ太。


以上がチョビ太の病気について第1弾です。


これまでにチョビ太は色々な病気になっています。

それはまた機会があれば書いていきます。



チョビ太の病気 | 16:02:54 | Trackback(0) | Comments(5)
椎間板ヘルニア?水頭症?
今回はチョビ太の病気について書いていきます。
ちょっと長くなりそうですが…


2006年8月。
いつもの様にクーラーの部屋で
日向ぼっこをしていたチョビ太(暑いはずなのに日向)。

私が触れたわけでもないのに、
突然、

「キャンキャンキャンキャァーン」

と断末魔のような鳴き声。


病院に連れて行きました。

病院での見解は、軽度の「椎間板ヘルニア」かもしれないということで、
その時は、消炎剤を処方してもらい(軽度ということで)
安静にしておくとのことでした。

抱っこしようとすると痛がり、元気もなかったです。
大好きなジャンプをすることがなくなったのです。
食欲だけはありましたが・・・

その後、2,3日消炎剤をあげていると、
徐々に元気になってきて、ジャンプし始めたなと思っていた矢先…

何度目かのジャンプの着地の際…



「ギャンギャンギャンギャァーン」


断末魔のような叫び声
再び・・・・・


その後は、立ったままで、
座ることも、歩くことも出来なくなったのです。


今から考えると、なぜ
「とにかく病院に連れて行こう」
思わなかったんだろうと反省しますが、
次の日を待って病院に連れて行くことにしたのです。


(さらに思い出すと、病院に連れて行こうと抱き上げようとすると、痛がったというのも理由です)


その夜のチョビ太の状況といったら、
今思い出しても、かわいそうで泣けてきます。

眠たくて眠たくて、横になって寝たいのに、
痛くて横にもなれない。

でも、眠たいから立ったまま寝ようとするけど、
やっぱり痛くて眠れない…

時々、私がアゴを支えてあげるけど、
それでも痛くて眠れない…

結局チョビ太はこの夜、一睡もせずに朝になっていました。

病院に連れて行くのに、キャリーバッグに入れたのですが、
この時も大変でした。

痛いのを我慢してもらい、心を鬼にしてバッグに入ってもらって
病院へ連れて行ったのです。

強いステロイドの注射をしてもらって、次の日まで様子を見ることになりました。
この日はステロイドが効いたのと、前の日寝てないのとで
比較的眠れていたようでした。

次の日、病院でレントゲンを撮ってもらいました。
骨に異常はないとのこと。
血液検査では、脳圧が高いというようなことがわかりました。

また触診で腰の辺りを触ると痛がるので
「椎間板ヘルニア」または
もともと本気噛みしたりと「凶暴性」があることも含めて
「水頭症」かもしれないという診断でした。

しかし、確定診断を下すには、MRIやCT検査をしなければならなく、
チョビ太にも負担がかかるし、経済的にも負担がかかるとのこと。
四肢の麻痺はないので、薬で様子を見ていこうということになりました。

処方されたのは、ステロイドと抗てんかん薬でした。
あとは、絶対安静

ケージもチョビ太が立って、ちょうどの物をに変更し、
トイレとご飯の時以外は、扉も閉めて寝ているだけです。

抗てんかん薬を飲んでいることで、目も少しうつろで
ずーっと、ボーっとしていました。

200609271250000.jpg


↑ずーっとこんな感じ

時々動くときには腰が痛くて「キャーン」と叫んでいました。

その声を聞くたびに涙が出ました。

本当だったら、この時期にお散歩もたくさんして、
いっぱい遊んで、色んな人に触ってもらって大きくなるはずだったのに、
この世に生まれて半年も経たないうちに、
こんな状態になったチョビ太がかわいそうでした。

ステロイドの種類を何回か変えて(続けすぎると効かなくなるため)
しばらく様子を見る日々が続きました。

途中、ちょっと回復したように見えた時もありましたが、
やはりあまり良くはなっていませんでした。

さらに、ナックリング(感覚が鈍くなるため、足の甲で歩いてしまう)の
症状も出始めたり…。

病院の先生も半ばお手上げの状態です。

このまま、諦めるしかないのかなという覚悟も出来始めていました。

ところが、2007年の始め頃でしょうか。
病院の先生から、
「もしかしたら、チョビ太が回復する方法が見つかったかも
しれないので来てください!」

との電話があったのです。


…今回はここまでにしておきます。

長くなりすぎたので。
すいません。






チョビ太の病気 | 22:03:03 | Trackback(1) | Comments(0)
これまでの生い立ち軽く
2006年4月3日生まれのチョビ太
2006年6月1日に我が家にやってきました。

今では、元気もりもりのチョビ太ですが
実は生まれて半年位の時に、病気になった事があったのです。

うちに来た時の様子から、
徐々に書いていきます。




ーチョビ太、我が家にきた頃ー
2006.6.1


20060601212502.jpg

この頃からうろちょろ落ち着きがなく、
臆病者でした。

耳も垂れていて体重は2キロ。
ケージに入れておくと出たくて
ピョンピョン飛び跳ねて、ケージにぶつけて
オデコに傷を作ったこともあったなぁ。

20060616005658.jpg

オデコのハゲが傷です

ごはんを作っているときも
ミニピン持ち前?のジャンプ
どうにかして、ご飯に届かないか
必死に飛び跳ねていたねぇ。

人の膝で寝るのが大好きなちっちゃなチョビ太でした。
D1000406.jpg


お散歩も出来るようになって、
そろそろ厳しく躾がはじめるという
8月の終わりぐらいに
実はチョビ太は病気になってしまいました。

その状況はまた今度書きます。

お楽しみに!?

チョビ太 | 10:02:04 | Trackback(0) | Comments(1)
好きなもの
映画「サウンドオブミュージック
ミュージカル仕立ての映画です。内容はこちら

小学校のころ、給食の時間に放送委員会が
ながしていたんです。

当時は「笑っていいとも!」を見てたので、
余計なことをしてぇ と思ったけど…
見続けていくうちに、はまってしまったのです。


ナチスの時代のお話で、
「このご時世に歌なんか歌うなー」
という中、歌とはいかに素晴らしいものかを
主人公が広めていくんです。

あらすじがあらすじになってないほど、
適当ですが・・・

その後は、ミュージカルも見て、VHSも買って、DVDも買って…
多分30回ぐらい見てます。

見ると何故か元気が湧いてくるんです。

オススメです。

映画 | 17:49:34 | Trackback(0) | Comments(0)
これからやってきます
ブログを始めてみます。

どんなのにするかは検討中

写真など貼り付けていくつもりなので、お楽しみに。



色々 | 16:06:20 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。